LANDSCAPE CONSULTANTS

茨木市岩倉町地区 防災公園街区整備計画策定業務(基本設計)

岩倉02.jpg
岩倉03.jpg

都市再生機構が防災公園街区整備事業で整備する岩倉公園及び市街地部分の整備計画・基本設計を策定したものであり、プロポーザルにおいて特定され、基本設計を行った。

基本方針は、一次避難地としての役割を基本としながら、“身近な公園として、日常的に利用しやすい地域のための憩い・交流の場となる公園”“隣接する市民交流施設や大学キャンパス等との有機的な連携を図り、魅力的で開放性のある公園”である。

本設計では、街への高い開放性や大学キャンパスとの一体空間形成により基本方針を実体化するとともに、浸水対策に向けた盤高設定や防災機能を有する遊具・休憩所等の選定と機能的な配置を行った。

名 称:茨木市岩倉町地区 防災公園街区整備計画策定業務(基本設計)
期 間:平成24年4月25日~平成24年11月30日
発注者:茨木市・UR西日本支社
所在地:茨木市岩倉町
面 積:約15,000m2